窓 ベッドルームの女

鑑賞日 2020年 2月15日(土)

 窓 ベッドルームの女 [米・1987年]

(監)カーティス・ハンソン
(出)スティーブ・グッテンバーグ
   エリザベス・マクガバン
   イザベル・ユペール
   ポール・シェナー
   ブラッド・グリーンクイスト
 
(雑感)亭主の部下の青年グッテンバーグとの密会中、ユペールは婦女暴行事件の現場を目撃する。面倒に巻き込まれることを嫌ったユペールの身代わりとなって事件の目撃者になってやったことからグッテンバーグの身に思わぬ災難が降りかかってくる、という話。不貞中という状況下だったことから、警察からの事情聴取で事実を隠してしまったという設定が、前半部までのドラマ運びのうえで上手く効かせたしっかりとした展開の中、法廷劇としての面白さも盛り込まれている。事件の被害者マクガバンとグッテンバーグが犯人を追い詰めようとする終盤部は、サスペンスを高めるためのアクシデント場面のはめ込み方が定石的になってしまっているのが惜しいが、ミステリーものとしての面白さの各要素が全体としてバランスよく配分された仕上がりになっていて拾い物的な一編と言える。

(評価)特上・優・良・・乏・呆・怒

この記事へのコメント